ウィニー流出事件続出!情報漏洩を防ぐ!個人情報保護法について

パソコンでウィニーを使わないこと

プライバシーマークとは 事業者が個人情報を適切に取り扱っていることを、公的に認定する制度です。

 

ウィニーで著作権侵害か

著作権というのは、著作権法という法律で定められている文化的創造物を保護する権利のことを指します。

 

 

著作権法によると、著作権によって保護される対象を「著作物」といい、「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽に範囲に属するもの」となっています。

 

 

著作物を創作した人のことを著作者とよびます。著作権は、その一部又は全部を譲渡したり相続したりすることが可能です。それにより著作権は、著作者のみならず、譲渡された人や相続した人に属することもあるということです。

 

 

著作権でいえば「創作的」表現という意味合いは、過去の判例や通説では「表現者(創作者・著作者)の個性が表れていれば足りる」「他と区別できる程度であればよい」とされています。

 

 

著作権は、著作物を創作した時点で自動的に発生するもので、著作者の死後50年まで保護されることを原則とされています。

 

 

従って、その作品の上手下手などに関係なく、表現者が小学生であろうと有名な画家であろうと関係なく、人の真似ではなく表現者の思想や感情が創作的に表現されているということで、著作権というのは成立することになります。

 

 

link1 link2 link3 link4 link5

ウィニー流出事件続出!情報漏洩を防ぐ!個人情報保護法についてエントリー